ニキビ跡の赤みが気になる・・・赤みは自然に収まるの?

hhksahksdhkfds

ニキビの赤みが出ている場所は、ニキビになっていたときに炎症をおこしたり、膿が出ていたものではありませんか?

そのようなニキビが治った場合、ニキビ跡として赤みが残る可能性が極めて高いです。炎症をおこしたニキビほど赤みが強く残るので、どうすれば治るのでしょうか?

実はニキビ跡があるから、といってニキビが治っていると思っている人は多いのですが、ニキビ跡が赤くなっている場合、まだ内部で炎症が起きている可能性があります。

化膿したニキビは皮膚の奥の真皮まで広がり、皮膚奥の炎症がそのままニキビ跡として現れている可能性があります。

またニキビの炎症によって周囲の毛細血管にダメージがおよび、そのため赤みが出ている可能性も捨てきれません。

メラニンが生成されているケースもありますから、ニキビ跡の赤みはそのまま放置しておくのはリスクが高いです。早めのケアを行いましょう。

ニキビが赤い炎症をおこしている場合は注意が必要

とはいえ、素人が下手に手を出してしまってはニキビ跡がさらにますます赤くなり、クレーターなどになってしまう可能性もあります。

ですから出来れば皮膚科など、専門的な治療を受けることが出来るクリニックに通ったほうが良いでしょう。

塗り薬、飲み薬などを処方されるでしょうから、それを正しく服用することによってニキビ跡もキレイになりますし、ニキビの炎症もおさまります。

肌のターンオーバーを高めるためにもしっかり睡眠をとって、バラエティ豊かな食事をするように意識するとよいでしょう。

赤みを消す方法としては、どんなものがある?

ニキビ跡としていつまでも残ってしまう赤みにはそれ相応の処置が必要となります。肌のターンオーバーが乱れているのが原因となりますから、ビタミンC誘導体やプラセンタなどで肌のターンオーバーを促す必要があります。

しかし、肌の生まれ変わりである夜10時から深夜2時までの間、眠っている必要がありますから、夜更かしなどしないようすべきです。

まずケミカルピーリングという方法があります。肌の表面に古い角質や毛穴汚れを除去する薬剤を使ってのピーリングとなります。美容外科や皮膚科で行ってもらえますから、一度ケミカルピーリングに通ってみるのもよいでしょう。

ただし強い薬剤を使うので、肌の弱い人には合わない可能性があります。

oooohkjhsk

皮膚科や美容外科でニキビ跡を消す

またレーザーでの治療も出来ます。照射されたレーザーがヘモグロビンなど赤みの原因になる色素に吸収され、熱のエネルギーとなり色素を破壊するというものです。

赤い色素はそのままターンオーバーで肌からはがれ、元のきれいな肌色に戻すことが出来ます。

またフォトフェイシャルというものが最近では主流になってきています。赤い色に反応する光を全顔にフラッシュするというものです。

赤みにしか反応しませんので、その他の部位は安全です。痛みもなく、一瞬で終わりますから、最近では人気があります。

レーザーより痛みが少なく、腫れなども起きませんから、翌日そのままメイクをしてオフィスに通勤できます。赤みを全て消すのであれば、1か月くらいかけて6回以上の施術が必要となります。

食べてキレイに!ニキビに効く食べ物とは?

まず、頑固なニキビ跡には相応の時間をかけて治す必要があります。そのため、食べ物も注意して食べたいところです。 長期戦になりますから、ニキビ跡に効果的な食べ物を摂取していきたいものです。そこでニキビ跡を改善し、ニキビ肌を改 […]

続きを読む