食べてキレイに!ニキビに効く食べ物とは?

sadada

まず、頑固なニキビ跡には相応の時間をかけて治す必要があります。そのため、食べ物も注意して食べたいところです。

長期戦になりますから、ニキビ跡に効果的な食べ物を摂取していきたいものです。そこでニキビ跡を改善し、ニキビ肌を改善してくれる食べ物をご紹介しましょう。

まずたんぱく質は、血や肉になりますから必須です。肉や魚、卵や乳製品、大豆などが良質なたんぱく質としてあげることが出来ます。

コラーゲンを生成するのに不可欠なので、たんぱく質不足はニキビ跡の改善を遅らせてしまいます。そのため、たんぱく質はビタミンCと一緒に摂ると吸収しやすいのでよいでしょう。

次にオメガ3脂肪酸など、イワシ、サバなど青魚に含まれる良質な油もニキビ跡に効果があります。荏胡麻油やサーモン、亜麻仁油なども今注目を集めているスーパーフードの1つですから、積極的に摂りたいものです。

良い食べ物があるので続けるべき

必須脂肪酸の中でもとりわけオメガ3脂肪酸は摂りにくいとされています。意識して食べなければなかなか必要量に届かないとも言われています。

血流改善、栄養素を体の隅々まで届けてくれますから、青魚なり、亜麻仁油なり、油で摂ることも出来ます。もし魚がクセがあって食べられないと言うのであれば、油をドレッシングにするとよいでしょう。

またビタミン類はニキビ跡には必須の成分です。特にビタミンEは女性に嬉しい若返りのビタミンとも言われていますから、積極的に食べるとよいでしょう。

ターンオーバーもサポートしてくれますし、ビタミンCと合わせて摂ることにより相互作用を見込むことが出来ますので、ニキビ跡の赤みを消すために食事も考慮しましょう。